Twitterでも情報発信をしています♪

フロントランナー主演ヒュー・ジャックマン…今作に込められた思い。

フロントランナーで主演を演じたヒュー・ジャックマン。彼は“2018年10月12日”の誕生日に50歳となり、役者とし、今も尚進化し続けています。

50歳という年の節目にヒュー・ジャックマンが演じたゲイリー・ハート役は彼にとって、大きな挑戦となりました。

映画フロントランナーで演じたゲイリー・ハートにそしてストーリーに役者ヒュー・ジャックマンを込めた思いについて迫ります。

ヒュー・ジャックマンが今作に込めた思い。

今回、ヒュー・ジャックマンがフロントランナーに込めた思いを知るにあたり、彼の人柄や、映画に対する情熱を感じることができました。

そのことを下記にまとめました。

フロントランナーへの出演を受けた理由。

ヒュー・ジャックマンと言うと、誰もが “ウルヴァリン”と答えるのではないでしょうか。特徴的な刃の爪を持ち、無敵のヒーローのイメージが強いヒュー・ジャックマン。

しかし、今回演じたフロントランナーでは、影のように消えていった政治家を演じました。華やかな役から一転して、それとは正反対に位置する役への挑戦。

彼がフロントランナーへの出演を決定した一番の要因は、ストーリーテラーである、ジェイソン・ライトマン監督と語っています。ジェイソン・ライトマンの制作する映画の語り部としてのセンスをヒューは大きく評価すると同時に、共に映画制作に携わりたいと考えていたのです。

現実の世界で生きている人を再現する事への思い。

ヒュー・ジャックマンは映画フロントランナーの制作にものすごく情熱を感じていたと同時にひどくナーバスになったと言います。

現実の世界で生きている人を再現するには、大きな責任を伴う。そして、その出来事を多くの人に忠実に知ってもらう必要がある。そのことを彼は、誰よりも重く受け止め、世界に発信しようと決意したのです。

ゲイリー・ハートを演じるにあたり、ヒュー・ジャックマンは…今までの他の作品より多くリサーチをした。生の映像もいくつも見て、ゲイリー本人とも多くの時間を共に過ごした。と語っています。

ゲイリー本人と過ごす時の配慮と覚悟。

ゲイリー・ハートと共に多くの時間を過ごすことで、ゲイリーを忠実に再現し多くの人に知ってもらうことが出来る。しかし、その行為はゲイリーやその家族にとって、過去を蒸し返される事に等しい。

それは、とても良い気持ちにはなれないだろう。複雑な気持ちになるものだ。ゲイリーが常に心配していたのは、いつも家族の事だった。とヒュー・ジャックマンは語っています。

そのことを理解していながらも、共に過ごし、過去を知る努力は並大抵の事ではないでしょう。ゲイリーやその家族が味わった苦しさ、悲しさ、言い表せない複雑な感情の多くをヒュー・ジャックマン自身も感じながら役作りに専念したのではないでしょうか。

このことから、フロント・ランナーで主演を演じる事への覚悟をものすごく感じました。

映画フロントランナーへの誇り。

ヒュー・ジャックマンは制作を終え、作品を心から誇りに思っている。この作品からゲイリー・ハートが見える。それだけで大満足だ。制作に携われたことを心から感謝している。そう語っています。

ヒュー・ジャックマンがこの映画に込める思いというのは、ゲイリー本人と長く接してきた彼だからこそ。そう言えるのではないでしょうか。

制作を通じて自身の成長を実感したヒュー・ジャックマンの、成長させてくれた人たちへの感謝の気持ちをものすごく感じました。


あとがき

50歳になっても尚、進化を続けるヒュー・ジャックマン。今回は、彼がフロントランナーに込める思いをまとめ、多くのことを知ることが出来ました。

ヒュー・ジャックマンの映画に対する情熱。繊細な心。映画製作への覚悟、リスペクト。トップ俳優として活躍する現在も謙虚な姿勢。

僕自身も、こうして情報を発信している以上、生半可なことは書けないと改めて実感することが出来ました。彼から多くのことを学べたことを幸せに思います。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です