Twitterでも情報発信をしています♪

『マスク-1994年版』感想/あらすじ。永遠に語り継がれる最強のコメディ映画

コメディ映画界のトップスター“ジム・キャリー”が主演を演じる『マスク』。

今回はそんな、爆笑不可避の映画『マスク』の感想/あらすじ(一部ネタバレ)をまとめてご紹介していきたいと思います。

※一部ネタバレ要素のある項目も在りますので『ネタバレ注意』です。ネタバレ要素がある項目には『ネタバレ注意』の注意書きをしていますので参考にしていただければと思います。

『マスク』基本情報

予告動画

公開日

日本公開: 1995年2月25日

制作

監督…チャールズ・ラッセル

脚本…マイク・ワード

原作…マイケル・ファーロン
原作…マーク・ヴェルハイデン

製作…ボブ・エンゲルマン

製作総指揮…マイケル・デ・ルカ
制作総指揮…マイク・リチャードソン
制作総指揮…チャールズ・ラッセル

キャスト

  • スタンリー・イプキス役…ジム・キャリー
  • ティナ役…キャメロン・ディアス
  • ドリアン役…ピーター・グリーン
  • ケラウェイ警部役…ピーター・リーガート
  • チャーリー役…リチャード・ジェニ
  • マイロー役…犬

『マスク』を見た感想

私の感想

※ ネタバレにならない程度に感想をお伝えしたいので、曖昧な表現になってしまいますがご容赦ください。

映画『マスク』を説明してと言われたら、超おバカなエンターテインメント・コメディ映画と答えるでしょう。

映画が好きで、今では年に100本程度見ている私ですが、そのきっかけとなったのが『マスク』でした。といっても、だいぶ昔の話なのですが…

とにかく沈黙するシーンが無い、終始爆笑出来る映画です。しかも“マスク”ジム・キャリーのキャラクターがマッチしているので、『マスク』を見たら同時に彼のファンにもなってしまうでしょう。

時代を超えて語られる映画って、時代ものや政治もの、感動するものだったりするけど、『マスク』に関しては語り継がれる系統ではないのに色褪せない。

とても面白いおすすめ出来る映画です!

SNS上の声

『マスク』あらすじ(一部ネタバレ)

出典:https://www.wowow.co.jp/detail/011114/-/05

※一部ネタバレを含みます。なるべくネタバレ要素を少なくあらすじを紹介しますが、少しでもネタバレを知りたいくないという方は見ないほうがいいかもしれません…

銀行マンの“スタンリー”はいつものように出勤し、友人とつまらない話で盛り上がっていた。

しかし、その日はいつもとは少し違った。そう、雨が降っていたことと、超セクシーな美人“ティナ”の登場だ。

雨の日のセクシー美人の登場と言ったら、それだけでシーンがはっきりと想像できると思いますので割愛。

ティナと仲良くなったスタンリーは鼻下伸ばして友人とパーティーへと向かうが、友人とはぐれてしまい入場を拒否される。

巨漢2人に担がれて外に放りだされたスタンリーだったが、そこにタイミング良く表れたのが“ティナ”だった。

そんな出会いに酔いしれながら、現実を突きつけられ帰路についたスタンリーだったが、橋の上で車が故障。

橋の上から川を眺めていたスタンリーは人が溺れているのを発見!と思いきやただのゴミだった。そのゴミの中に紛れていた変なマスクをなぜか持ち帰り、顔に近づけると…

まぁ、そんな感じでマスクの誕生。

そして後はおバカな展開が繰り広げられていく。

個の展開は言葉では表せないほどおバカですので是非ご覧ください。

『マスク』をアプリで見る方法

Amazonプライムビデオ』などの動画配信サービスを利用することで『マスク』を視聴することが可能です!

動画配信サービスに登録してアプリを入れることで、いつでもどこでも映画を楽しめます。無料お試し期間を利用することで、期間内なら無料で映画を楽しめるので是非活用してみて下さい!

Amazonプライム会員ならいつでもどこでも映画や海外ドラマ等のプライム作品が見放題!⇒amazonプライム会員登録はこちら!

あとがき

映画『マスク』の魅力を伝えれる範囲でお伝えしました。この記事で『マスク』魅力が伝わり多くの人にこの映画を知ってもらえたら嬉しいです。

上記のamazonプライムで私は『マスク』を視聴したのでおすすめです。是非ご活用ください。

最後までご覧くださりありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です